BC2型インディケーター破裂検出装置

取付方法:
フランジ取付
対応型式:
SRX、SRL、AXIUS、MRK、POLY-SD、HO、P
特  徴:
プラントの異常圧力を受けてラプチャーディスクが破裂した際に、電気的な信号を取り、ディスクが割れたことを知らせるのが破裂検出装置です。ラプチャーディスクが破裂しても、それに気づかず長時間プラントを運転してしまい、ディスク二次側の機器をダメにしてしまったということをしばしば耳にします。ラプチャーディスクの二次側に破裂検出装置を設置すればこのようなトラブルを未然に防ぐことができます。
ニックネーム:
監視員(ウラ話はコチラ)

BC2型インディケーター

BC2型インディケーターは通常ディスクアセンブリの2次側(ホルダーと2次側フランジの間)に取りつけられます。ディスクを破った異常圧力がBC2中央部の検出部に組み込まれた回路を切断し電気信号を端末に伝えます。

認証 CSA 要部 材質
口径 ½B〜24B 検出回路 銅板をカプトンではさみ込み
接続 JIS、ANSI、DIN他 膜部 TEFLON
電気定格 24VAC/DC@50mA ガスケット
※ BC2の上下に取りつけられます
① ノンアスベスト標準
② (WhiteGylon)オプション
③ (BlueGylon)オプション
使用可能温度 -40℃〜260℃
雰囲気温度 -40℃〜74℃

BC2型インディケーターの構造
※サイズによってはテフロン膜がない場合があります。

BC2型インディケーター

本質安全防爆バリア情報

本質安全防爆構造とする為にIDEC(株)製のEB3C形リレーバリアを推奨します。お問い合わせはIDEC(株)のホームページ(http://www.idec.com/)へお願いします。

IDEC(株)製EB3C形リレーバリア

ファイク・ジャパン株式会社〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-19-9 TEL:03-3595-1291 FAX:03-3595-1295