HO/HOV複合型ディスク

型  式:
引張型
種  類:

複合
特  徴:

スリットの入った金属板と
シール材を組み合わせた構造

主な材質:
ディスク:316SS/316LSS、ニッケル、モネル、インコネル、ハステロイC、タンタル
シール材:テフロン、316SS/316LSS、ニッケル、モネル、インコネル、アルミニウム
ニックネーム:
あした(キズだらけ)のジョー(ウラ話はコチラ)

複合型ラプチャーディスクとは

複合型ラプチャーディスクは、スリットの入った金属板とシール用金属またはテフロンを組合わせた構造で、低破裂圧、高温、耐食性が要求される場合の使用に適しており、破裂時の破片の飛散が極めて少ないタイプです。
 破裂精度は±5%で耐クリープ性に優れ、製造範囲下限または許容公差の下限に対し80%の圧力で運転できます。
 製作口径は、1インチから24インチとなります。HO型ラプチャーディスクのシール材質がテフロンの場合、金属製リングが自動的に取付けられます。また、背圧、負圧に対しては、バキューム・サポートを取付けたHOV型ラプチャーディスクを使用します。(写真:HOV型ラプチャーディスク)

破裂前と破裂後のHOV型ラプチャーディスク

HOV型ラプチャーディスク

HO、HOV型ディスク

HO、HOV型ラプチャーディスクは、低設定破裂圧および圧力状態が反復変動する場合、あるいは常用圧力が破裂圧力に近づいて、P.PV型ディスクが使用できない場合に採用されます。また、破裂時の破片の飛散が極めて少ないので、安全弁と併用もしくは、シリーズで使用されます。

 脈動、パルスのあるプロセスには真空の有無に関わらずHO型ディスクにバキューム・サポートを取付けることをお勧めします。バキューム・サポートがショックアブゾーバの役割となりディスク寿命が長くなります。

HO型ラプチャーディスクの構造

HOV型ラプチャーディスクの構造

ファイク・ジャパン株式会社〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-19-9 TEL:03-3595-1291 FAX:03-3595-1295