ラプチャーディスク、爆発防護の販売

ラプチャ-ディスク(破裂板)を中心に、エクスプロージョン・ベント(爆発放散口)などファイクジャパン株式会社は、工場のプラント防災に関わる製品を販売しています。

  1. 取り扱い製品
  2. 会社案内
  3. ニュース
  4. スタッフブログ
  5. お客様サポート

ファイクに“Chu”

ファイク・ジャパンのブログ「ファイクに“Chu!”」はお客様への「感謝の気持ち」、社内やアメリカ本社での「様々なできごと」。
それぞれの「ライフスタイル」などを合わせてご紹介します。

« Prev.  |  Next. »

「ホンモノの日本料理」

志村 隆

日本料理は世界遺産になりましたが、

誰しもホンモノの日本料理を知りませんし、

味を知っていないことも現実です。

日本料理での驚きの筆頭は、わさびと醤油で、

このわさび醤油とは、一体何年前からあるのかを調べてみますと、

何と室町時代なんです。

(ここで、とにかくおもしろいのが)京都の人に

「先の戦(いくさ)は?」と聞きますと、

誰もが答えるのが、「応仁の乱」なんです。

室町幕府の将軍足利義政は、すばらしいこと、

美しさは何かを飾ること、置くことに尽きるという考えで、

国は飢饉でも、美術品を買い集めるのが趣味でした。

東山文化構築の功績はかなり大

継承者を決めるに当たり、

「こんな暴君は不要だ」と争って始まったのが

「応仁の乱」で、

義政は隠居暮らしのための「銀閣寺」を建造。

yjimage.jpg

ありとあらゆる美術品を私物化した現役時代では考えられないほど、

淋しい隠居だったようで、ある日、窓から見える緑、鳥など、

自然が、こんなにも自分を喜ばせるのかを発見します。

このシンプルさ、ありのままの世界が長じて、

日本料理のホンモノの心が完成したわけです。

すなわち、日本料理とは、食材、

それも最高の食材を活かすことだということです。

わさび醤油は500年を超えるもの。

このようなものって世界にないのも事実なんです。

それだけで「日本料理」は世界遺産と言っていいくらいです。

 

また、どんな世界でも「複雑」ではなく「単純」が一番。

料理の世界なら、複雑は不味く、単純は美味しいと言えます。

 

 

PAP_0245.JPG

鶏汁白菜

投稿者: 志村 隆 日時: 2015年07月05日 | パーマリンク
« Prev.  |  Next. »

志村 隆 Takashi Shimura

ニックネーム:社長!?

性別:

血液型:B

1949年甲府(山梨県)生まれ、東京育ち

趣味は車、食べること、そして旅行。
特技はマネージメント、お絵かきです。

ちょっと自慢できること:毎日スイーツを食べても太らないこと
ブログジャンル:「興味の向くまま」を伝えて行きます。

カテゴリ一覧

最近のエントリー

ファイク・ジャパン合同会社〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-19-9 TEL:03-3595-1291 FAX:03-3595-1295