ラプチャーディスク、爆発防護の販売

ラプチャ-ディスク(破裂板)を中心に、エクスプロージョン・ベント(爆発放散口)などファイクジャパン株式会社は、工場のプラント防災に関わる製品を販売しています。

  1. 取り扱い製品
  2. 会社案内
  3. ニュース
  4. スタッフブログ
  5. お客様サポート

ファイクに“Chu”

ファイク・ジャパンのブログ「ファイクに“Chu!”」はお客様への「感謝の気持ち」、社内やアメリカ本社での「様々なできごと」。
それぞれの「ライフスタイル」などを合わせてご紹介します。

« Prev.  |  Next. »

PLHOVディスクについて加藤さんにお聞きします!

ラプチャーくん

ラプチャーくん : 今日はPLHOVディスクについて加藤さんにお聞きします!

Kato : よろしくね!

IMG_7304.jpg

ラプチャーくん : PLHOVってどんなディスクですか?

Kato : 腐食ラインとかで使われるラプチャーディスクだよ。

ラプチャーくん : どうしてですか?

Kato : 基本的には、HOV型と同じでスリットの入っているディスクを使うんだけど、入口側と出口側にテフロンシールが付いているんだよ。テフロンのシールで金属のスリットの入っているディスクをサンドイッチしているんだ。

IMG_7301.jpg

ラプチャーくん : なるほど!これもサンドイッチなんですね!HOV型は金属のスリットの入った、ディスクとバキュームサポートがパンで、テフロンがハムのサンドイッチでしたが、PLHOV型は、テフロンシールがパンで、スリットの入ったディスクがハムでバキュームサポートがレタスなんですね!

IMG_7302.jpg

Kato : そうそう。4層構造だね。入口と出口にテフロンシールを使っているから、テフロンシールしか接ガスしないんだよ。だから腐食ラインにも使えるんだ。ただ、HOV型と同じようなテフロンシートを使っているから水素や塩素といった粒子の小さいものは透過の可能性があるから要注意だけどね。

ラプチャーくん : difficultな話ですね~。ファイク・ジャパンに相談してくださーい!

Kato : あと・・・

ラプチャーくん : まだあるんですか???

Kato : 入口と出口に付いているテフロンのシールを、保護用のビニールだと思って剥がさないように注意して欲しいんだ。


ラプチャーくん : 携帯の液晶とかに一番最初についているビニールとは違いますよ~!剥がしちゃダメですよ~。

Kato : PLHOV型ディスクは納入された時には、アルミのテフロン保護カバーが付いているから、それだけ外して使用するのが正しいです。

ラプチャーくん : アルミの保護カバーは剥がしてくださいね~。中から出て来たテフロンは剥がしちゃダメですよ!その他、取り付けやハンドリングにわからない事がありましたら、ファイク・ジャパンまで問い合わせて下さいね~!!
 

投稿者: ラプチャーくん 日時: 2010年11月24日 | パーマリンク
« Prev.  |  Next. »

ラプチャーくん Rupture-kun

性別:引張型

血液型:316SS

1945年アメリカ生まれ、1980年 来日

1980年のファイク・ジャパン創業とともにアメリカから来日、おかげさまで2010年、30周年を迎えることができました。より多くの方に、ファイク・ジャパンを知って頂くため、社内の出来事など、日々のいろいろな事を紹介していきます!

カテゴリ一覧

最近のエントリー

ファイク・ジャパン合同会社〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-19-9 TEL:03-3595-1291 FAX:03-3595-1295